ふるさとCM大賞NAGANO

ふるさとCM大賞NAGANO

2019「abn・八十二 第19回ふるさとCM大賞NAGANO」開催概要

「abn・八十二ふるさとCM大賞NAGANO」は、豊かな自然と人情を育む「ふるさと」への思いを「手作りCM」にこめた映像祭です。
 題材は、伝統・観光・人物・自然・・・など様々なアイデアで、自分たちが住む市町村の魅力を30秒のビデオ映像で表現し、PRしていただくものです。2001年(平成13年)に第1回を開催して以来、各市町村および制作団体から毎年多数の作品の応募をいただいております。これも各市町村の皆様のおかげと感謝申し上げます。長野県民に親しまれ地域に密着したイベントに成りますように、努力してまいります。
本年も下記の要領にて「abn・八十二 第19回ふるさとCM大賞NAGANO」を開催いたします。

事業名 2019『 abn・八十二第19回 ふるさとCM大賞NAGANO』
主催 長野朝日放送株式会社
共催 長野県
後援 長野県教育委員会 長野県市長会 長野県町村会
協賛 株式会社八十二銀行 八十二リース株式会社 八十二証券株式会社(予定)

2019「abn・八十二 第19回ふるさとCM大賞NAGANO」
【応募要項】

概要

長野県内の市町村からご応募いただいたCM作品(30秒)を、第一次審査、最終審査の2回の審査により、「ふるさとCM大賞」および「長野県知事賞」「八十二銀行賞」など5部門の優秀賞の他、各賞の表彰を行います。また、副賞として「大賞」受賞作品は年間365回の放送をはじめ、各賞ごとの回数を無料放送いたします

大賞 年間365本放送、内38本は県外テレビ朝日系列7局にて放送
優秀賞 長野県知事賞・八十二銀行賞:年間50本放送
長野県市長会会長賞・長野県町村会会長賞・長野県教育員会賞:年間30本放送
各賞 アイデア賞・映像賞・演技賞・感動賞・特別賞:年間20本放送
敢闘賞(9~10作品) 年間10本放送

審査

一次審査:CM大賞事務局により参加作品全てを審査し、最終審査会出場作品20作品を選考します。
最終審査:一次審査を通過した20作品を審査し、各賞を選考します。
審査員 :最終審査会は、やくみつる氏(漫画家)他5名の審査員を予定しています。

最終審査会

開催日:2019年12月1日(日)
開催場所:ホクト文化ホール・中ホール(長野市)※一般観覧・市町村PRブース出展

テレビ放送

最終審査会の模様を収録して、2020年1月初旬に放送予定です。