県内ニュース

3連休にぎわう 暖冬でも…雪遊び!「アイスデイ」

暖冬の今シーズンですが、この3連休親子連れでにぎわいました。国営アルプスあづみの公園で開かれた雪遊びイベント・「アイスデイ」です。

「キャー!」

大人も、子どももスリル満点!全長、およそ50m!雪と氷で造られた滑り台です。

「うぉー!」

■男児
「楽しかったです」
(Qどんなところが?)
「めちゃめちゃ速度が出たところです」

この3連休、国営アルプスあづみの公園大町・松川地区は親子連れでにぎわいました。冷えた体は、具材たっぷりの豚汁で温めます。
およそ10年前から続く「アイスデイ」。信州の冬に親しんでもらうイベントです。

雪深い林の中で、何かを探す子どもたち。
こちらの家族は…

■父親「どこにあるかな?探して、探して」
■娘「あった」

掘り当てたのは、アヒルの人形。

■父親「55番」
(Q何をもらえるかな?)
■娘「分かんない」

特に人気の企画が「雪中宝探し」。雪の中からアヒルの人形を見つけると、文房具やおもちゃと交換できます。

■松本市から
「おととし・去年も来ているんですけど、成長に伴って出来ることが増えたので(子どもは)喜んでいると思います」

たき火でウインナーやチーズを焼いて食べるアウトドアクッキングなど、「アイスデイ」は今週末も開催されます。