県内ニュース

八ケ岳連峰で2人が遭難 1人は意識不明で発見

10日、八ケ岳連峰の天狗岳付近で男性1人が遭難し、11日朝発見・救助されました。
警察によりますと茨城県の41歳の男性は10日、2人で八ケ岳連峰・天狗岳の登山口から入山し、東天狗岳山頂を目指していましたが、疲労から遅れたということです。
その後待ち合わせ場所の山荘に着かなかったため、午後6時ごろ同行者から連絡を受けた男性の家族が警察に通報しました。
11日午前8時ごろ、警察や山岳救助隊が男性を発見し、けがはなく歩いて下山できる状態だということです。

また、八ケ岳連峰の根石岳では、単独で登山していた横浜市の男性が道に迷って行動できなくなっていて、11日午前11時前に発見されましたが、意識不明だということです。