県内ニュース

参院選の期日前投票始まる「若い人たちに興味を」

来月10日投開票の参議院選挙で、期日前投票が始まりました。
有権者はそれぞれの思いを胸に一票を投じています。

長野市役所に設置された投票所には、朝から多くの有権者が訪れていました。

■20代男性
「早く世代交代をしてほしいのが一番で、若い人が自分も含めどんどん出ていかないと日本は変わらないと思う」

■50代男性
「将来のことをいろいろ考えてくれる人それから国政に出て活躍してくれるという意味では知名度とか行動力は気になるところなので考えながら投票をした」

前回2019年の参院選の投票率は54.29%で、補欠選挙を除くと過去最低でした。
若者の政治離れの影響もあると指摘する人も。

■70代男性
「私ももう70代だからね若者に譲っていかないといけないから若い人たちにももっと興味を持ってもらって政治にね」

期日前投票所は県内180カ所に設置されています。
参院選県区は現職1人新人5人の6人が立候補していて、来月10日に投開票されます。