県内ニュース

7年目ごとに一度の味わい!御柱祭弁当

御柱祭の年にだけ、地元の駅で販売される駅弁、それが「御柱祭弁当」です。
勇壮な御柱祭にちなんで見た目もインパクトがあります。

目にも鮮やかな「御柱祭弁当」。
「よいさ!」の掛け声に合わせて氏子が振る、「ミニおんべ」のおまけ付きです。
二段になっていて、彩り豊かな「五目ちらし」に、12種類ものおかずが入っています。
その真ん中でひときわ目を引くのが「ネマガリダケ」。レタスの仲間「山クラゲ」が結んであります。
一体、何かというと…御柱と引き綱を、忠実に再現しているのです。
他にも、信州でおなじみの「馬肉」や、地元・諏訪湖の特産品でもある「ワカサギの甘露煮」など、ご当地グルメでお祭り気分を楽しめます。
茅野駅と、山梨県の小淵沢駅で販売されています。

丸政の駅弁 北原文子さん
「私も今回もまた頂きましたけど、おいしく頂きました。7年に一回のこのお祭りの時しか販売しないので」

御柱祭の年にだけ味わえる珍しい駅弁。
平日の売り上げは数個だそうですが、上社里曳きがあった3日間では100個以上売れたそうです。