県内ニュース

上田市「カバンの藤」が見頃

上田市にある公園で、フジの花が見頃を迎えました。
樹齢およそ140年、「カバンの藤」と呼ばれています。

日の光を浴びて透けるフジの花。
空から降り注ぐように涼しげに咲いています。
上田市の信濃国分寺史跡公園にあるおよそ500平方mの藤棚です。

上田市内から
「すごく良い匂いしますね」「甘い匂いするんだよね」
神奈川・宮城から
「見事ですね」
「とても良いタイミングで見に来られました」「藤の色合いがきれい。緑の葉があって調和していて」

フジの樹齢はおよそ140年。「カバンの藤」という名で親しまれています。
明治時代、地元の銀行役員が農家からフジの苗をもらい、カバンに入れて持ち帰って育てたことが由来です。
フジを管理している公園内の資料館によると、今年はここ数年で最も多く花をつけたということです。
例年の見頃は中旬までですが、まだつぼみも多く、もうしばらく楽しめそうです。