駅前はちみつプロジェクト

駅前はちみつプロジェクト
屋上養蜂

なぜ養蜂を始めた?

ミツバチは自然環境に役立つ長野県は、はちみつ生産量が全国一位の「はちみつ王国」。しかし国産はちみつの生産量は、現在市場に出回っているうちのわずか5%程度と言われるほど貴重なものです。そこで!abnの屋上の有効活用も兼ねて、はちみつが収穫できないかと考えました。

さらに養蜂を通じて多くの方にミツバチが自然環境に役立っていることを知ってもらい、自分たちの周りの環境に目を向けるキッカケにしてもらいたいと、2021年の3月に「abn駅前はちみつプロジェクト」がスタートしました。

大槻瞳(abnアナウンサー)調べマップ

無題

屋上ってどうなの?

住宅地での養蜂と違い、屋上の巣箱には限られた人しか近付かないので、安全性を確保しやすいというメリットがあります。また、屋上は、ミツバチ達にとって過酷な環境に思えますが、実は意外と適した場所のようです。市街地は、街路樹や河川敷の草花など多種多様な花が多く、熊などの天敵に襲われることも、農薬を心配する必要もありません。また、ミツバチは夜になると羽を使ってはちみつの水分を飛ばしています。屋上では日照と風通しの良さが熟成を促進するので、より糖度の高いはちみつができます。

屋上養蜂
はちみつの水分を飛し

無題

どんな味のはちみつ?

はちみつはその時期、その場所によってミツバチ達が集める蜜源が異なるため、二度と同じ味にはなりません。このプロジェクトのミツバチは、春に長野市・篠ノ井と高山村のりんご畑での採蜜を経て、5/11にabnの屋上に引っ越してきました。春から初夏にかけて、桜、アカシア、クローバー、ツツジ、れんげなど多種多様な花の蜜を集めてできた駅前はちみつ。5/28に約30㎏を初収穫しました。糖度の高いしっかりとした甘さの中に華やかな植物の香りが感じられる、世界に一つだけの絶品はちみつです。

ハチミツ採集
ミツバチ
ハチミツ
蜜源により味が異なる

はちみつプロジェクトの監修

今回のプロジェクトは、更科養蜂苑の全面協力で実現することができました。代表の岡村美永子さんは、2007年から、優良な西洋ミツバチを導入し「自分が本当に食べたいと思う美味しいはちみつをつくりたい」と養蜂を始めました。手がけたはちみつは「モンドセレクション金賞」を受賞するなど、高い評価を得ています。

更科養蜂苑の公式サイト

無題

ミツバチの生態について

花々が咲きはじめると、働きバチたちは蜜や花粉を集めるために忙しく飛び回ります。自分の体重の半分ほどの蜜を持ち帰ると、また蜜を探しに飛び立ちます。天気の良い日は1日に10数回も蜜や花粉を探しに出かけます。一方、この頃の女王バチは毎日盛んに働きバチの卵を産みつづけ、家族がどんどん増えていきます。
春に産まれたたくさんの働きバチたちが次々と成虫になり、巣がいちばん栄える時期です。女王バチは、卵を産む場所が少なくなってくると、オスバチの卵を産みはじめ、続いて女王バチ候補たちを産みます。最初に誕生したハチが新しい女王となり、結婚飛行から巣に戻ると、一生をかけた大仕事である産卵に入ります。
秋風が吹く頃になると蜜源となる花も少なくなってきます。また、長雨が続くと、働きバチは、巣の外に出られませんが、限られた秋の植物から蜜や花粉、プロポリスとなる木の樹脂などを集め、巣の中に蓄えます。また、食料の少ない冬に備え、働きバチは、女王バチの産卵を徐々に控えさせるとともに、オスバチを巣から追い出してしまいます。
冬になると、ミツバチたちは巣の中に閉じこもりますが、冬眠はしません。産卵を休んでいる女王バチを中心にして、働きバチたちがからだを寄せ合っています。この時、細かい羽ばたきで熱をおこして暖め合っているため、寒い冬でも巣の中は30度前後に保たれています。冬の間は、蓄えておいたはちみつが大切な食料となります。

無題

働きバチは大忙し!

約1ヶ月の寿命の中で働きバチの仕事は日齢が進むにつれて移り変わります。産まれてから2〜3週間は巣の中で掃除係⇒育児係⇒巣作りという順番で仕事を担当し、後半の1〜2週間は巣の外に出て花の蜜や花粉を集める仕事をしています。

無題

初めて養蜂に挑戦してみてどうだった?(大槻アナ)

「まさか自分が人生の中で養蜂に挑む日がくるとは。」
これが、この企画を担当させて頂くことが決まった時の率直な気持ちです。
刺されないか不安を抱いていたのも束の間、日々飼育する中でミツバチの弛まぬ努力や興味深い生態を目の当たりにし、気づけば愛おしい存在にまでなりました。 女王蜂誕生の瞬間に立ち合った日は、あまりにも感動的でこの先ずっと忘れないと思います。

ミツバチが1か月という短い命の中で、生涯かけて集めることが出来るはちみつは、わずかティースプーン1杯分。どうかそのことを忘れず、この素晴らしい恵みを大切にお召し上がりいただければと思います。

無題

希少な駅前はちみつを商品化!

「abeen駅前百花」瓶詰め(130g)限定100個シリアルナンバー付き

「abeen駅前百花」瓶詰め【初夏】
1200円(税込)

材料が無くなり次第、終了となりますので、ご了承ください。

無題

駅前はちみつを使った数量限定コラボメニューを展開中!

ウインズイースト8/7(土)から販売中

住所
長野市大字栗田北中1020-1(長野駅東口から徒歩5分)
電話番号
026-225-6464
営業時間
午前11:00~午後3:00 / 午後5:00~午後8:00
定休日
なし
メニュー
グレープフルーツソーダ 600円(税込)
アイスバニララテ 550円(税込)
※いずれもテイクアウト可能
グレープフルーツソーダ・ウインズイースト|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー

グレープフルーツソーダ

アイスバニララテ・ウインズイースト|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー

アイスバニララテ

ピッツェリア・カスターニャ8/21(土)から販売中

住所
長野市南石堂町1317(長野駅善光寺口から徒歩5分)
電話番号
026-217-0008
営業時間
〔火~土〕ランチ11:30~14:00 / ディナー17:30~22:00
〔日〕ランチ11:30~14:00 / ディナー17:30~20:00
定休日
月曜日(振替休日は営業・翌日火曜日)
メニュー
駅前ハチミツのクアトロフォルマッジ 1900円(税込)
※ディナー限定・テイクアウト可能
駅前ハチミツのクアトロフォルマッジ・ピッツェリア・カスターニャ|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー
駅前ハチミツのクアトロフォルマッジ・ピッツェリア・カスターニャ|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー

リストランテ フローリア8/28(土)から販売中

住所
長野市篠ノ井杵淵48-7(長野ICより車で5分)
電話番号
026-214-3446
営業時間
[火~日]11:30~15:00(LO14:00)/ 17:30~20:00(LO19:00)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日振替休業)
メニュー
abeen駅前百科を使ったブルスケッタ 680円(税込)
※ディナー限定
abeen駅前百科を使ったブルスケッタ・リストランテ フローリア|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー
abeen駅前百科を使ったブルスケッタ・リストランテ フローリア|駅前はちみつを使った数量限定コラボメニュー

※各店舗の営業時間は、時短要請にあわせた短縮営業の時間です。
※1歳未満の乳幼児には、はちみつを与えないでください。
※材料が無くなり次第、販売終了となりますのでご了承ください。