駅前テレビ

駅前テレビ

放送内容

三四六先生が行く!JICA駒ヶ根で世界へ羽ばたく若者と出会うのだ

約1年ぶりに帰って来たシリーズ企画「三四六先生が行く!」。今回の舞台は、JICA(青年海外協力隊)の駒ヶ根訓練所。青年海外協力隊と言えば、これまで中南米をはじめ、アジア、アフリカなど世界88ヵ国の開発途上国で、経済や社会の発展と復興を支援してきた。そんな世界に羽ばたく青年ボランティアやシニアボランティアを輩出してきたのが、長野県駒ケ根市と福島県二本松の国内2ヵ所のみのJICA訓練所。

20151010_1

駒ヶ根訓練所は主に中南米や南アジア、アフリカへの派遣隊員に研修を行っている。訓練所に隊員の候補生たちが入所するのは年4回。書類選考や面接で選び抜かれた者たちが、2か月半の語学研修などを受け、最終試験で合格すれば隊員として派遣される。まさに狭き門なのだ。

試験直前という大事な時期に施設へと訪れた三四六先生。普段なかなか入れないその施設の中には、世界各国の資料がずらりと並ぶ図書館、隊員たちの寝泊りする部屋、スポーツボランティアとして派遣される隊員たち専用の体育館も。

20151010_2国ごとの語学研修の教室を訪れると、試験直前のピリッとした空気。しかし、一方である国の授業をのぞくと明るい声が響く。そこには謎の文字の書かれた紙をおでこに貼り合う女子生徒たちの姿!2か月で語学がマスターできる、その指導方法の秘密とは!?さらに三四六先生が偶然出会ったシニア隊員は、なんと野球である国の代表監督として派遣されるのだとか。そんな重要な任務を担う隊員に三四六先生が送った言葉とは?!

普段、決して見る事が出来ないJICAの実態と世界に羽ばたく若者たちの思いに触れる「三四六先生が行く!」。ぜひご覧ください!

無題

■JICA(青年海外協力隊)駒ヶ根訓練所
 長野県駒ケ根市赤穂15
 TEL:0265-82-6151