駅前テレビ

駅前テレビ

もっと!信州77

野沢温泉村編(2020年2月1日)

もっと!信州77「野沢温泉村編」

今回訪れたのは野沢温泉村。
日本の村名で唯一、「温泉」がつく村。鎌倉時代にはすでに温泉の名所として知られていたと言い、いまも温泉街には多くの観光客が訪れます。また、毎年1月に行われる道祖神祭りは、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

まず向かったのは、野沢温泉スキー場。最長滑走距離が10kmと、広大なゲレンデが特徴のスキー場です。ゲレ食には「ボルガライス」が新登場、トマトソースのかかった厚切りロースカツはボリューム満点です。ゲレンデに張られたワイヤーにぶら下がり、標高差122mを滑り降りる「ジップ・スカイライド」を体験しましたよ。

温泉街を散策すると、クラフトビール専門店の「里武士」を発見。イギリス人のトーマス・リブシーさんと、その妻、絵美子さんが営んでいるお店です。イギリスに住んでいた頃、たまたまスノーボードをするために訪れた野沢温泉村が気に入り、移住したそうです。
店で出しているクラフトビールは、野沢温泉村の湧き水を使って醸造。中には、村でとれた小麦を使ったビールもありましたよ。

野沢温泉スキー場|もっと!信州77「野沢温泉村編」野沢温泉スキー場
ゲレ食「ボルガライス」|もっと!信州77「野沢温泉村編」ゲレ食「ボルガライス」|
ジップ・スカイライド(野沢温泉スキー場)|もっと!信州77「野沢温泉村編」ジップ・スカイライド
里武士タップルーム クラフトビール|もっと!信州77「野沢温泉村編」里武士タップルーム クラフトビール

無題

取材先情報

野沢温泉スキー場

野沢温泉村大字豊郷7653 / TEL:0269-85-3166

里武士タップルーム

野沢温泉村豊郷9347 / TEL:080-6930-3992