駅前テレビ

駅前テレビ

もっと!信州77

南箕輪村編(2019年12月7日)

パンのお店「ニコ・テイル」

今回訪れたのは、県内で村としては最も人口が多い南箕輪村。
全国の村で唯一国立大学のキャンパスがあったり、バレーボールのVC長野トライデンツの本拠地になっているなど、この村にしかない魅力が盛りだくさんなんです。

まず訪れたのは、パンのお店「ニコ・テイル」。旬なモノを取り入れ、季節限定メニューを多く出すなど、毎日訪れても飽きないように40種類以上の手作りパンが並びます。1番人気は甘さ控えめの手作りカスタードが入ったクリームパン。店頭に並んだそばからまとめて買っていくお客さんがいるほど大人気でした。
こちらのお店、実はちょっと変わったところがあるんです。それは“店舗シェア”。水曜日から日曜日はパンのお店ですが、月曜日と火曜日はお店も経営者も変わり、マフィン専門店
「STAND BAKE SHOP」が営業されているんです。こちらのマフィンも大人気。いつ来店しても新作に出会えるワクワク感がお客さんに好評なんだそう。

次に訪れたのは、「ニコ・テイル」のパンにも使われているイチゴを村内で生産している「いちごの杜」。こちらで生産しているのは夏から秋にかけて採れる夏秋イチゴの「ゆめごこち」。
南箕輪村にある信州大学農学部で約6年、品種改良を重ねて開発された品種。開発したのは「いちごの杜」を経営している大井敦さんの父親、信州大学特任教授の大井美知男さん。父親が開発し息子が受け継いで美味しいイチゴが作られています。冬のイチゴにも負けない香りと甘さが特徴です。

ニコ・テイル / STAND BAKE SHOP|もっと!信州77「南箕輪村編」店舗シェア
マフィン専門店 STAND BAKE SHOP|もっと!信州77「南箕輪村編」マフィン専門店 STAND BAKE SHOP
ニコ・テイル いちごパン|もっと!信州77「南箕輪村編」ニコ・テイル いちごを使ったパン
ゆめごこち|もっと!信州77「南箕輪村編」ゆめごこち

無題

取材先情報

パンのお店 ニコ・テイル

南箕輪村3382-1 / TEL:0265-76-5717

いちごの杜

南箕輪村5392-2 / TEL:0265-98-8692