駅前テレビ

駅前テレビ

もっと!信州77

北相木村編(2019年9月21日)

今回訪れたのは、群馬県との県境に位置する北相木村。
面積の約9割を森林が占める自然豊かな村。真冬にはマイナス10度以上の冷え込みが続き、落差30mある「大禅の滝」には、水が凍って巨大な氷柱ができます。

まずは北相木村・農産物等直売所に。新鮮な野菜はもちろん、高級食材のイワタケも!
イワタケは傾斜が急な岩壁など簡単に近づけない場所に生息するため、“幻の食材”と呼ばれることも。こんな貴重なものまで販売されているんですね。こちらで気になる物を見つけました。村の工芸品、その名も「キノハナ」。お店の方によると、村内で手作りしているそう。ちょっと見に行ってみましょう!

ということでやってきたのは、村の体育館。体力測定室でキノハナ「kinano」の女性の方たちが作業されていました。お話を聞いてみると、原材料は村の木工所から出るかんなくず。木工が盛んな北相木村では、大量に出るかんなくずを別の形にできないかと考え、村の職員と村の女性たちの手によって「キノハナ」が作られました。見た目にもおしゃれで、ふわっと木のいい香りがしてきます。全て手作りなので作業は大変そうですが、皆さん和気藹々と楽しそうに作っていらっしゃいました。木と人のぬくもりを感じる素敵な作品ですね。

続いては、お宝を探して散策していると、立派な門を発見。やってきたのは、「松嶺山 大龍寺」。住職の方にお寺の中を案内していただきました。するといきなりお宝が!葛飾北斎の「武者絵」。葛飾北斎の「八方睨み鳳凰図」が描かれている小布施町の岩松院と古くから縁がある大龍寺。当時の住職が岩松院で葛飾北斎と交流を持ち、「武者絵」を奉納されたんだそう。村の文化財にも指定されています。さらにこのお寺も。築315年、宝永元年(1704)に建てられ、火災などにあったことがなく当時のまま。住職によると、南佐久では1番古いんじゃないかとか。歴史を感じる場所でした。
知れば知るほど奥が深い北相木村でした!

もっと!信州77「北相木村編」|高級食材のイワタケ高級食材のイワタケ
もっと!信州77「北相木村編」|工芸品の「キノハナ」工芸品の「キノハナ」
もっと!信州77「北相木村編」|キノハナ作り体力測定室でキノハナ作り
もっと!信州77「北相木村編」|松嶺山 大龍寺松嶺山 大龍寺

無題

取材先情報

北相木村 農産物等直売所

北相木村844 / TEL:0267-77-2033

キノハナ kinano

TEL:0267-77-2111(北相木村役場)

松嶺山 大龍寺

北相木村久保2544 / TEL:0267-77-2422