どーゆーの?信州

どーゆーの?信州

放送内容

日本で最も美しい村 小川村の“美しさ”って? 後編

今回の旅の舞台は前回に引き続き、NPO法人「日本で最も美しい村」連合(2005年発足)に加盟している小川村。“なにゆえ小川村は美しいのか?” をお散歩テーマに、村内で散歩を始めた三四六。これまで11月の収穫に向けて野沢菜の手入れをしていた婦人会の皆さん。3年前に東京から地域おこし協力隊員として移住し、地域の人の協力を得ながら村唯一のパン店のオープンを目指す男性。さらに度重なる地すべりから村を守って来た先人たちの驚きの砂防技術など、景色だけではない“美しさ”と出会いました。
絶景温泉・北アルプス絶景の宿「林りん館」|日本で最も美しい村 小川村の“美しさ”って? 後編
ジャンベ|日本で最も美しい村 小川村の“美しさ”って? 後編
日本で最も美しい村 小川村の“美しさ”って? 後編
信州 小川の庄「おやき村」|日本で最も美しい村 小川村の“美しさ”って? 後編
今回も小川村で“美しいモノ探し”。まずは北アルプスの絶景が望める宿で露天風呂と館長が愛するヤギとのふれあいから。別れ際、館長おすすめの場所を訪ねると「近所で農園を経営しながらジャンベを叩く若者がいる」との事。「ジャンベ?農園でジャンベ?」。疑問だらけの三四六は早速、農園へ。出会ったのは東京から移住し、2012年から農園を始めたという大沢一家。「ところで、ジャンベって何?」。ジャンベは、オーナーが趣味で始めたとある打楽器で、かつてはコレを使い、地元のライブやイベントにも参加していたそう。しかし、農業や子育てに追われ、何年も楽器に触っていないのだとか。「聴きたい!聴きたい!」という三四六の無茶ぶりで久しぶりにジャンベを叩く事になったのですが・・・。
この他、小川村郷土歴史館で見つけた古き良き時代の祭りの写真(1960年代)の今昔物語に迫ります。そこには知られざる祭りエピソードが!小川村のあの郷土料理も登場しますよ!

2021年10月17日 日曜 午前10時55分 放送

取材情報

  • 北アルプス絶景の宿「林りん館」
    上水内郡小川村小根山8000-4 / TEL:026-269-3455
  • 信州 小川の庄「おやき村」
    上水内郡小川村高府6937 / TEL:026-269-3767