abnステーション

abnステーション

放送内容

第30回 がん患者「重症化」リスクは?|新型コロナ一口メモ

Q
がん患者はなぜ重症化リスクが高いと言われるのでしょうか
A
がんが体にあると免疫力が低下している可能性があるためです。
免疫力が低下していると感染症と闘う力が低下し、重症化のリスクが高くなります。
さらに、手術して間もない時、抗がん剤などの薬物治療中は免疫力が低下する可能性があり、重症化のリスクが高くなります。
Q
特に注意が必要ながんの種類はありますか
A
肺がんなどで肺の手術や根治的放射線治療を受けた人、治療の段階を問わず、白血病、リンパ腫、骨髄腫といった血液または骨髄のがんにかかっている人は注意が必要です。
Q
新型コロナが怖いので通院を控えたい。
抗がん剤や放射線治療をいったん中断してもよいですか
A
治療中断で急に病状が変わることもあるので、自分で判断せず、必ず主治医と相談してください。新型コロナの感染リスクを下げるために、治療計画を見直し変更する場合もあります。

(情報提供:長野県健康づくり事業団 長野健康センター 熊谷信平所長)