駅前テレビ

駅前テレビ

放送内容

究明!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~

鬼無里には「京都」を連想させる地名が!|究明!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~

信州にまつわる不思議な伝説や謎に包まれた歴史…。今回は、知っているようで意外と知られていないミステリーの真相に迫ります。

能や謡曲、歌舞伎などで「紅葉狩」という題名で知られる伝説「鬼女紅葉」。
都で評判の美人だった紅葉(もみじ)は源経基の寵愛を受けるが正妻を呪い殺そうとしたことが発覚し、京都から信濃・水無瀬(みなせ)の里へ流罪に。紅葉は都を思うあまり鬼となって悪事を働くようになってしまいます。最後は、朝廷が派遣した平維茂によって討伐され、鬼がいなくなったことから水無瀬の里は「鬼無里」になった、という話。古くから残る伝説ですが、舞台となっている長野市鬼無里にはまるで史実のように思える点が数多く存在するのです。
鬼無里には「京都」を連想させる地名が多く、これは都に想いを馳せた紅葉が名づけたものとされています。その他にも、平安時代の京言葉が地域で今も使われていたり、紅葉の住んでいたとされる屋敷跡があったりと彼女の暮らしを偲ばせるものが…。果たしてこの伝説は、完全なるフィクションなのか、それとも…?真相を解き明かすべく三四六&ブチョーが鬼無里で調査。すると、そこには知られざる真実が…!
鬼無里ふるさと資料館|追求!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~
伝説「鬼女紅葉」|追求!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~
鬼女紅葉が討たれた刀|追求!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~
高井鴻山記念館 妖怪画|追求!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~
葛飾北斎を小布施に呼んだ人物として知られる高井鴻山。北斎が初めて小布施を訪問したのは83歳のころで、鴻山は当時37歳。ふたりの年齢は祖父と孫ほど離れていましたが、互いを認め合い、「旦那さん」、「先生」と呼び合うような親密な信頼関係を築いていたと言われています。そんな鴻山は若い頃から岸派や浮世絵の第一人者を師匠とし、花鳥画、人物画、山水画といった画を描き続けてきていました。しかし晩年、作風が一変し突如妖怪画に没頭します。何故、鴻山は妖怪画にはまっていったのか?そこには、彼が歩んだ数奇な人生が関係していました。信州の学校教育にも大きな功績を残した高井鴻山の波乱万丈なる生涯を紐解きます。

妖鬼と話す鴻山|追求!?ミステリーハンター~鬼女と小布施と時々ゲゲゲ~

取材先情報

  • いろは堂 長野本店
    長野市鬼無里1687-1 / TEL:026-256-2033
  • 鬼無里ふるさと資料館
    長野市鬼無里1659 / TEL:026-256-3270
  • 松巌寺
    長野市鬼無里320 / TEL:026-256-2061
  • 高井鴻山記念館
    小布施町小布施805-1 / TEL:026-247-4049
  • 岩松院
    小布施町雁田615 / TEL:026-247-5504