駅前テレビ

駅前テレビ

放送内容

もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!

もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)

番組で毎週放送しているコーナー「もっと!信州77」の特別編。松本市を特集します。松本は、三つのガクの都、とよく言われます。日本の屋根、北アルプスを有す山岳の都、信濃教育の原点であり、歴史文化を重んじる気風を放つ学問の都、そしてサイトウ・キネン時代から26回目を数える国際的音楽祭、セイジ・オザワ松本フェステェバルの楽都でもあります。
そこで、今、信州デスティネーションキャンペーンでより盛り上がりを見せる上高地に、三四六と新人アナウンサーの大槻瞳が向かいました。大槻にとっては初めての上高地。我が意を得たりと、三四六は自慢げに上高地を案内します。
一方、平沢幸子とヤポンスキーこばやし画伯は、松本の市街地で音楽の都の片鱗を探します。木管・金管楽器の専門店で見つけたオーケストラメンバーたちのサインは意外のものに書かれていました。
もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)
もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)
もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)
もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)
さらに学びの場、博物館へ足を運ぶと、そこは松本市民が守り残した文化財が集まっていました。歴史の舞台を後世に。その心意気が学都・松本の証のように感じます。今回、松本が故郷のヤポンスキーこばやし画伯も知らない松本が多く出てきます。

もっと!信州77スペシャル松本市編 岳都!学都!楽都!(駅テレ)

取材先情報

  • 上高地五千尺ホテル
    松本市上高地4468 / TEL:0263—95—2111
  • 音楽社
    松本市中央2−9−12 / TEL:0263—32—9888
  • 松本市歴史の里
    松本市大字島立2196−1 / TEL:0263—47—4515
  • 日本浮世絵博物館
    松本市島立新切2206−1 / TEL:0263—47—4440