駅前テレビ

駅前テレビ

もっと!信州77

駒ヶ根市編(2019年7月6日)

もっと!信州77「駒ヶ根市編」|千畳敷カール千畳敷カール

今回訪れたのは、駒ヶ根市。市を代表する千畳敷カールは、高山植物の宝庫。標高約2600mに広がる花畑を見ようと、毎年夏には多くの観光客が訪れます。

そんな駒ヶ根市。最初に訪れたのは、天竜川沿いにある「おもしろかっぱ館」です。天竜川の流域には、河童にまつわる言い伝えがいくつもあり、ここ駒ヶ根市にも河童伝説が残っています。「おもしろかっぱ館」は、地域振興の一環で平成5年にオープンしました。
館内には河童の置物がずらりと並びます。見学していると、館長から「河童はいたずら好きと言われていますが、一方で一度受けた恩は忘れないという話もあります」とのお話が。なんと、この地域には「河童の妙薬」という伝説があるそうなんです。
江戸時代、川奉行をしていた中村新六が河童を助けたところ、恩返しとして河童に「通風の薬」の作り方を教わったそうです。やがて、その薬は「河童の妙薬」として広まり、大正初期まで実際に販売されていたんだとか。館長いわく「バカバカしい話と思う人もいるかもしれないが、そういう言い伝えがあると地域の人に知ってもらえれば」とのことでした。

続いて訪れたのは、「ペリカン」という名の飲食店。丼物から定食、ピザ、パスタなど様々なメニューが揃うこちらの店では、ほとんどのメニューに大盛り、特盛りといったオプションをつけることができます。
注文したのは人気の「オムソバのWサイズ」。大きなオムレツの下には、大量の焼きそばが詰まっていました。店主いわく、「あくまで大盛りがウリの店ではなくて、いろんな人のニーズに応えたいから出している」とのこと。子供から、食べ盛りの若い人、お年寄りまで色んな人に店を訪れてもらいたいという思いで約40年、営業を続けているそうです。
店内を見ると、座席は広々。魚が泳ぐ水槽がアチコチにあり、ゆっくりくつろげる空間が広がっています。これもやはり店主の狙いで、なるべく長く店に滞在してゆっくりしてほしいとのことでした。

最後は、駒ヶ根インターから車で3分ほどの距離にある「早太郎温泉・こまくさの湯」へ。綺麗な景色が見られる露天風呂で、初夏の駒ヶ根を満喫しました。

もっと!信州77「駒ヶ根市編」|おもしろかっぱ館 概観おもしろかっぱ館
もっと!信州77「駒ヶ根市編」|おもしろかっぱ館 河童の置物河童の置物
もっと!信州77「駒ヶ根市編」|オムソバのWサイズ(ペリカン)オムソバのWサイズ(ペリカン)
もっと!信州77「駒ヶ根市編」|早太郎温泉・こまくさの湯早太郎温泉・こまくさの湯

無題

取材先情報

おもしろかっぱ館

駒ヶ根市下平2426−1 / TEL:0265-81-4767

ペリカン

駒ヶ根市赤穂北割二区4065−1 / TEL:0265-83-2562

早太郎温泉 こまくさの湯

駒ヶ根市赤穂759-4 / TEL:0265-81-8100