駅前テレビ

駅前テレビ

もっと!信州77

小布施町編 (2017年6月10日)

もっと!信州77「小布施町」| 栗の小径

今回は、信州で最も面積が小さな市町村、小布施町を訪ねました。

人口は1万人強。でも、ココは毎年、人口の100倍以上の観光客が訪れる北信濃有数の観光地でもあります。メインストリートには多くの栗菓子店が建ち並び、観光客の多くが「小布施町=栗」のイメージを持っていることは間違いないはず。そこで、まずは「栗」の名を冠した散策路「栗の小径」を歩いてみることに。小径の先でみつけたのは、民家の軒先に掲げられた「オープンガーデン」の案内板。小布施町では2000年以降、自宅の庭を一般に開放する文化が広がっていて、案内板のある家の庭を観光客が行き交う光景が日常になっています。

今回お邪魔したお宅は、自宅の一室が和菓子店になっていました。店主がひとりで、季節の食材を使い手作りするキメ細かな和菓子。隠れ家のような佇まいでありながら、来るものを拒まない居心地の良さは店主の人柄そのものです。
「栗の小径」だけでなく、町内には幾つもの小径が整備されていて、表通りと裏通りを繋いでいます。中には本当に歩いていいのか半信半疑になるようなルートも。そのひとつが「ア・ラ・小布施ガイドセンター」。ココは観光案内をしてくれたり、軽食のできる喫茶店を兼ねているのですが、入口には確かに「回遊路」「通り抜け可」の記載が。建物の中を通り抜けるという不思議な体験の先でみつけたのは、古い土蔵を使ったコーヒー豆の焙煎所です。
マルテ珈琲焙煎所は一昨年9月にオープン。自家焙煎した17種類のオリジナルブレンドを取り扱うほか、店内では時折、店主による“美味しいコーヒーの入れ方講座”が開かれることも。小径に迷い込んだ観光客を誘い込むように、土蔵全体にコーヒーの香りが漂っています。
王道とは少し違った小布施町の歩き方。
小道の先にある発見の数々は、この町に絶えず人が訪れる理由のひとつかもしれません。

もっと!信州77「小布施町」| 和菓子いちむら和菓子いちむら
もっと!信州77「小布施町」| 栗の小径栗の小径
もっと!信州77「小布施町」| マルテ珈琲焙煎所マルテ珈琲焙煎所

無題

取材先情報

和菓子いちむら

小布施町小布施802 / TEL:026-247-2639

ア・ラ・小布施ガイドセンター

小布施町小布施789 / TEL:026-247-5050

マルテ珈琲焙煎所

小布施町小布施788 / TEL:026-285-9582