楠原由祐子ブログ

ありがとうございました

みつめて!信州生テレビ、今年も無事放送することができました。
大勢のスタッフのみなさん、そして、温かく迎え入れてくださった須坂市のみなさん、
視聴者のみなさん、本当にありがとうございました。

私は、ロバートのお二人とのぶらぶら歩き中継の担当だったので、
終始笑いっぱなしでお見苦しい所をお見せしてしまいました。

今回の目標はズバリ「笑わない」だったんですが、
ロバート秋山さんの「なりきり芸」を目の前にして、瞬殺でその目標は崩れ去りました。

だって、
これを見て、笑わないなんて、無理でしょう・・・

こちらは、創業70年のラーメン店「ホームラン亭」での一幕。
だいぶ存在感のある常連客になりきっていました。

座っていたので、たぶんお分かりになった方は少ないと思いますが、
秋山さん、ベルトの代わりに、ガムテープを腰に巻いていたんですよ。

帽子は、それはそれは、差異のない3種類から、それはそれは真剣に選び、
絶妙な斜めにかぶっていました。

とはいっても、私は進行役!心を鬼にして、体を張ってでも業務を全うしなければ!と
息巻いたのですが、完全KOでした。

そして、こちらはモンゴル人。
撮影秘話としては、
実は元々、ミャンマー人の設定だったんですが、
直前で、秋山さんにモンゴル人になりたいと打診があり、
急きょ、衣装を取り寄せたんです。

にしても、小道具から衣装から、何もかも、オーダーに余念がなく、
プロ魂を感じました。

もみあげを書くときも、歯を黒く塗るときも、
それは真剣で、そこに笑いは一切なく、それをお父さんのようなまなざしで見つめる山本さん…

私は笑いをこらえるのが必至でした。

人を笑顔にするお二人の心意気に、感服!!!!天晴!!!!