HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2013年11月 | アナログ 藤井学メイン | 2014年1月 »

2013.12.29

20131230.JPG窓ガラスのゴムパッキン。

ここのカビ、頑固なんです。

ピカピカにしてやるっ!!

[ seasonal changes of climate ]

2013.12.29



年末年始、苦手です。


太るんです。



だから、


201312290002.JPG走ります!!


201312290001.JPG早起きしたら、整備員の方でしょうか。


朝から働いていらっしゃいました。


帰省客、観光客がたくさん信州に訪れています。


「地道」なことを「着実」に。


頭が下がります。



今年は「着実」に太ることのないよう、朝のランニングに精を出します。

[ health care ]

2013.12.24

20131225112513852_1387938355022.jpg 20131225112514598_1387938356784.jpg

[ terminal ]

2013.12.18

たまたま実家に帰って探し物をしたら、

2013-12-05 11.51.37.jpg

見つけました。

ゆとりを知らないランドセル。

2013-12-05 11.51.43.jpg

20数年前、確かに僕は小学生でした。

2013-12-05 11.51.55.jpg

確かに休みは日曜だけでした。

[ つれづれなるままに ]

2013.12.01

ザ・駅前テレビの企画で、南信州を歩いて縦断させて頂きました。
春は、根羽村を出発して、平谷村、阿智村浪合、ゴールは昼神温泉!
夏は、阿智村昼神温泉を出発して、飯田市を経て、高森町の境まで!
そして今回、飯田市と高森町の境目から一気に八ヶ岳まで行こうというもの!

2013-11-12 15.34.25.jpg

本当に多くの方々にお世話になりました。

いきなり電話して宿に泊めてもらったり、
閉店時間を過ぎているのにお店を開けてもらったり、

「このあとはずっと上り坂だよ!」と、
知りたくなかったけど、知っておいてよかった情報も、たくさん頂きました。

image.jpg

こちらは宮田村でお会いした山田屋のご主人、山浦さん!
南信地区唯一の製粉所なのだそうです。

突然の訪問なのに、嫌な顔一つせず、
歴史ある宮田宿について、製粉について、人生について、
色々教えて頂きました!

今回の旅では、スタッフも全力で歩きました。

「信州縦断徒歩の旅」は、歩くのが目的ではありません。
また、ゴールに着くのが目的なわけでもないのです。

だから自分たちの足で歩いて、そこに住む皆さんと出会って、
可能な限りの時間いっぱい話をして、等身大で信州を感じました。


それはまた、ディレクター、カメラマン、音声マンも一緒でした。
仲間で励ましあって、進みました。

いっぱいカットになっちゃったけど、皆さんの御恩は忘れません。

「笑顔のタネを蒔こう!」とスタートした企画でしたが、
「笑顔のタネ」は信州にすでに蒔かれていて、育っていました。


だから、今回、ゴールまで歩けたのだと思います。

だから駅テレが皆さんにできることは、
「成長した笑顔のタネ」に「水をやる」ことだったり、
「肥料を足す」ことだったりするのかなー

と、そんなことを漠然と考えながら、
歩いていました。

信州には綺麗なところがたくさんあります。
その時期、その場所で奇跡的に重なるところもあります。

「アルプスと紅葉と田んぼの前を走る鉄道」だったり、
「暮れなずむ八ヶ岳に星が降り注ぐ反対側で
  オレンジ色に染まった雲海を月明かりが照らす」風景だったり。

「奇跡」と思える風景にも出会えたんですよ。
そういうのも、信州の宝ですよね。


ゴールのあと、お世話になったのが「麦草ヒュッテ」です。
冬季閉鎖で、予約をしないと空けてくれないのに、
通りがかりの私たちを見て、小屋を開けてくれました。

この貴重な経験を、次の番組作りに生かして、
皆さんの笑顔の足しになれるようなものを、
少しでも発信していきたいと思います!!
お世話になった、たくさんの皆さん!

ありがとうございました!!

[ Coverage postscript ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索