HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2012年8月 | アナログ 藤井学メイン | 2012年10月 »

2012.09.20

一、至誠に悖(もと)るなかりしか
  (誠実な気持ちに反する行動はなかったか)
一、言行に恥づるなかりしか
  (言動に不一致な点はなかったか)
一、気力に缺(か)くるなかりしか
  (性鈴力は十分であったか)
一、努力に憾(うら)みなかりしか
  (悔いがないよう、諦めずに努力したか)
一、不精に亘るなかりしか
  (最後まで手抜きをせずものごとに取り組んだか)

これは、戦前、広島県江田島の海軍兵学校で使われていた「五省」と呼ばれる
自戒の言葉です。

「海軍五省」

ある人の著書によると、
内容は英国のパブリック・スクールで教えている内容と
そっくりだそうです。

一日の終わりに、その一日がどうだったか反省するわけです。
誠を尽くしたか、言っていることに矛盾はなかったか、
気持ちは充実していたか、努力をしただろうか、
最後まで精一杯やっただろうか。

日常、このように自分を省みることは、ジェントルマンシップの原点だと
著者は言い切ります。

英国の伝統的な紳士淑女の教育は、
基本的に「五省」と変わるところがないのだとも。


明治時代の旧海軍に、英国のジェントルマンシップに基づく教えが根付いていたのは、
日本の海軍兵学校に、英国海軍から教官を招いたことに由来しているそうです。

「士官である前に、まず紳士であれ」

日本の武士道に通じるところもあったのかもわかりませんね。


今では、アメリカの海軍兵学校の生徒心得にも、
「五省」と似た内容のものが書かれているそうです。

「省みる」。なかなかできていない。

うん、できていないから、やろう!

[ language ]

2012.09.19

植木や苗木、色々、売っています。

[ つれづれなるままに ]

2012.09.19

関東大学テニスリーグ第三部最終戦
筑波大学対立教大学


全勝対決となった母校の試合。
両チームとも二部入替戦進出を決めている。

十年前、
僕らは十年ぶりの二部昇格を逃した。

後輩たちが、その悲願を果たそうとしている。
去年も入替戦まで行ったが、壁は厚かった。

逃したら、次のチャンスは一年後。

これが実に長い。

四年生が抜け、一からのチーム作り。
選手としてのモチベーションの維持。
そして、体づくり。

直向きに戦って来た四年生の松沼。
名門、柳川高校から入学。

同期の木田と二人だけの四年生。
一年生から二人で乗り越えて来た。

筑波大学との試合は、3−5となっていた。
単複9本で争う試合は雌雄を決していた。

が、シングルス1で入った松沼は、
以前完敗したことのあるインカレ選手相手に、
四年分のボールを打った。

相手は松沼にとって、格上のはずだった。


5−7、6−3、6−4


ファイナルセットでの逆転勝利。
チームとしては筑波大学に4−5で
敗れたが、主将の意地は勢いを与えた。


今年こそ、およそ20年の悲願達成を。


努力は裏切らない。
後輩から改めて教わった。

[ sports ]

2012.09.11

20120911_184200_0.jpg

先日、福島県いわき市に行ってきました。
ザ・駅前テレビの企画で、「東北応援ツアー」と題して、
信州から100人の参加者にご賛同頂いて、スパリゾートハワイアンズに行ったのです。

そこから車で15分ほどのところが、海岸でした。


大津波が襲った豊間地区。


実は、学生時代のテニス部の後輩・ケンジの実家があった場所です。


ご両親は運よく助かったそうですが、
それでもお母様は片方の足が津波に持っていかれそうになったところを
近所の方に引っ張ってもらったそうです。


震災当時に、ケンジが家族会議を何度も開いたこと。
今後どうしていくのか、全く分からないと話していたことが、全部蘇ってきました。


ごく普通の「田舎」です。でも、ケンジにとっては「大事な故郷」。
その場所が、そっくり。。

ケンジは、今も津波の映像を見ると、吐き気をもよおすと言います。

近くの灯台近くでお土産店で働いている人が話してくれました。

「ここでは、親族含めて、誰かしら、やられてるんです」

あれから1年半が経ちました。

沢山のところで悲劇が起きたままです。

だからこそ、

頑張りましょう!日本!

[ Coverage postscript ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索