HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2010年8月 | アナログ 藤井学メイン | 2010年10月 »

2010.09.30

[ terminal ]

2010.09.29

IMG_0090.JPG

洗濯日和だ!

[ ]

2010.09.28

あと3日!

[ terminal ]

2010.09.28

DSCF6039.JPG

母校テニス部。
関東大学テニスリーグ、最終戦は上智大と全勝対決。
勝った方が優勝!

ダブルス3試合、シングルス6試合の9ポイントで勝敗が決する。
去年は4−5で敗れた因縁の相手。

DSCF6058.JPG

ダブルスは1−2のビハインド。
シングルスNo.6は1stセットアップから痙攣で途中棄権。
これで、1−3。
何とか4−4に戻したものの、
勝敗はシングルスNo1に託される。

DSCF6086.JPG

立教はインカレ選手の松沼。上智は関東学生資格者。

しかし1stセットを4-6で落とし、流れは向こう。
松沼が持ち味の粘りでセカンドセットを6-3でとり、
勝負はファイナルセットへ。

DSCF6088.JPG

ファイナルセット3−1まで進み、
勝利を確信した瞬間、
松沼が動かなくなる。

両足と右手の痙攣。
4−4まで粘り、相手サービスをブレイクして
5−4と王手をかけるが、

jyouchi.JPG

痙攣がひどくなり、5−6。
万事休すかと思ったところ、松沼が驚異的に粘り、6−6に。
試合は、ファイナルタイブレークに突入する。

タイブレーク1-0で、相手の足がつり、サービスは下から。
6-2までリードするも、今度は松沼がサービスを打てなくなり、6-4。

DSCF6091.JPG

最後は、30球以上続いたラリーから、
松沼が渾身のバックハンドをクロスに放ち、
スーパーエースで決着。

試合終了は7時過ぎ。試合時間は4時間を超えた。

以上、助監督からのメール。
「まさに」死闘を制した母校は4部リーグ優勝。

7生の日、入替戦で順天堂大学に勝ち、
関東大学テニスリーグ3部昇格を果たしました。

本当におめでとう!
でも、ようやくスタートライン。
これからも最高の輝きを見せてほしい!

可能性に満ちた集団だからこそ、先の目標へ!
甘んじる必要はない。
昇格のチャンスは年に一度。

1年後、さらに高いところへ。

[ sports ]

2010.09.28

こんにちは!
生まれて4日目になりました!
舜人[しゅんと]です!

友人に赤ちゃんが生まれました。
生まれたのは7生の日!
帝王切開での誕生。
生まれてきてくれてありがとう!
僕の腕の中で寝てくれたんですよ!
ああ、しあわせ!

[ terminal ]

2010.09.27

ついに!!

[ terminal ]

2010.09.20

小川村の駅前田んぼ。
もち米の脱穀が、終りました。
やはり、いいね!
気持ちがいい!
人間は土の上が好きなんだ!

[ terminal ]

2010.09.16

母校テニス部がリーグ戦を戦っています。
関東大学テニスリーグ。千葉大学戦。

20100915tennis.jpg


2か月前の対抗戦ではバラバラだったチームに変化がありました。

短時間で「こんなにも!」と、びっくりさせられました。

端的にいえば、

「チームがひとつになりつつある!」。
「眼が輝いている!」。

紆余曲折のあった難しいチームでした。
「本当の意味で一つになること」自体が、難しいことなのに、
それをクリアして、大きなチームに成長していました。

正直、驚きました。

もともと意識の高い選手たち。見違える「強さ」を得たようです。

この試合は9-0で勝利。
3戦全勝で、残り2試合+入替戦。

ガンバレ!

[ sports ]

2010.09.12

高速道路で、ナビゲーションシステムに、
この表示がでました。

すると家人、

「あ!ここは山がきれいにみえるところなんだね!」

平和な人で救われます。

[ terminal ]

2010.09.08

今日は朝から雨。
泥のように眠っていたら、
犬の姫子がペロペロと舐めてくる。

「今日は雨なんだよ。散歩は無し!」

と言って化粧室へ。

すると、姫子がワンワンと吠える。

いつもと違うと思っていたら、
ピンときた。

「雨があがっているのかも。」

外に出ると、小雨模様。
これならいける!と散歩してると、どんどん止んで行く。

すごいね、姫子。
散歩が終わったら雨が降り出したよ。

人が失った動物の感。
観や勘はあっても、無くした「カン」もあるんだね。

[ terminal ]

2010.09.06

まだ気温は高いが、ようやくです。

[ terminal ]

2010.09.02

IMG_0076_1.JPG

みつをさんではありません。
長野市内のある店長の言葉です。

[ つれづれなるままに ]

2010.09.01

IMG_0063.JPG

東京の群像舎という会社の皆様が、
北アルプスから戻ってこられました。

5年前、ADとして入った山の中で
一緒に野生動物を撮影した先輩方です。

厳しい戦いでした。

右側が、弊社のボスの山岳部の先輩、岩崎さん。
御年、70近くなのに、山に登って
厳しい環境で撮影を敢行されています。

左側は、カメラマンの明石さん。
戦場カメラマンだった明石さんからは、
「現地の水をあえて飲む。
腹を壊して、現地の水を飲めるようにするのが
最初の仕事」と教わりました。

それから5年の再会。
お二人とも元気で、嬉しい限りでした。

[ ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索