HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2009年2月 | アナログ 藤井学メイン | 2009年4月 »

2009.03.31

KOH001.JPG

来月5日は善光寺御開帳。
数え年で7年に1度、回向柱が本堂の前に立ち、前立本尊を拝むことができる。
全国でも有名な名刹、善光寺に今年も600万人余りが来長する。


私達は考えた。
普通に御開帳の様子をお届けするのはどうなのだろうかと。
もっと、芯に迫りたい。なぜ、有り難い善光寺さんが長野にあるのか。
長野にできた理由と由来を知りたい。お届けしたい。
そもそも仏教は日本で発祥したものではない。
仏教の歴史にも迫るべきではないか。

DSCN0569.JPG

制作費も時間もなかった。
駅伝があった。資料の整理に追われた。
数値をデータ化することで見えてくるものがある。
だから資料の整理は大事な作業であり、それなしにはマイクの前には立てなかった。

一方で、毎週の駅前テレビがある。もちろん、手は抜けない。
雪山登山も敢行した。

DSCN0548.JPG

その中で、御開帳を前に、私達は考えた。
本質に迫りたい、本質を知りたい。そのためにはどうすればいいのか。

「善光寺縁起」というものがある。
そこにはご本尊のルーツが書かれている。

はるか海を隔てた中国大陸に、善光寺仏と同じ一光三尊仏が存在する。
「縁起」ではインド、朝鮮を経て、日本にもらたらされたとある。
実際はどのような経緯で日本にやってきたのだろうか。
そして、その国は今、どのような状況なのか。

企画が通るかわからないまま、リサーチを続けた。
来月4日放送の駅前テレビ85分拡大スペシャルに向けて。

DSCN0570.JPG

いかに安く取材をするか。どこに行けば何が見えそうなのか。
旅行会社を経由するとマージンが発生する。最小限に抑えるための手だてはないか。
インドに行くにはビザがいる。東京支社の営業部にお願いした。

そして、、「GO」が出た。

出発は駅伝の翌日、深夜2時。
与えられた日数は8日間だった。

私達は成田に向かった。

つづく

[ ザ・駅前テレビ ]

2009.03.30

春の高校伊那駅伝。
abnの総力をあげた駅伝中継は、
伊那市役所に設置された特別放送センターからの放送でした。

DSCN0564.JPG

DSCN0566.JPG

DSCN0568.JPG

この機材の数々。何がなんだか、私にはわかりませんが、
音声がしっかりお届けできるか。
映像がきちんとお届けできるか。
データを正確かつ迅速にお届けできるか。

リハーサル、調整を繰り返し、本番となりました。
レースはエースを欠いた佐久長聖高校が、地力を見せて2位に入る健闘ぶり。
一時はトップに躍り出る活躍を見せました。

彼らのこれからが楽しみになった伊那駅伝。
新年度は1年生が入学。さらにパワーアップするんでしょうね。

[ sports ]

2009.03.20

金曜日、abnステーションにて「佐久長聖高校の駅伝部最新情報」を放送。
土曜日、ザ・駅前テレビにて、「八ヶ岳登山」放送。
日曜日、正午から、「春の高校伊那駅伝2009」生中継で放送。
月曜日、ある理由でインド方面へ旅に出ます。

皆様。ご健康にはくれぐれも気をつけて。
行ってきます。

[ つれづれなるままに ]

2009.03.19

通っています。
会社を抜け出して昼食時間に行ったり。

怒られますよ。どこにいるんだと。

オファーは最高に嬉しいけれど、みんなはいつ、歯医者に行っているのだ?

もう、長い目で歯を治していくしかない。

[ terminal ]

2009.03.18

久々に田原総一朗さんの本を手に取った。学生時代に買った本だ。

「そりゃそうだよ。なるほどね。」と、どこか上から目線で読んでいた気がする。
でも、社会に出て、ふるさとを離れて、挫折感もちょっとあった時期を経験し、
人を養っていくことになり、、見方が変わっている自分がいる。

「自分」を持つ。「責任」を持つ。「独立心」を持つ。

これ、わかっているつもりで、わかっていなかった。
自分一人のからだではないわけで。それが普通なわけで。
人には守るものがあるわけで。会社もあるけど、家族もあるわけで。

「自由の裏返し」が「責任」。
当然と言えば当然だけど、日本人の責任の取り方には、
武士道の影響が残っているのかもしれない。
失敗をしたら、腹を切るということ。でも侍には「自分がない」。
主君のために自分が存在するわけで、そのためには死をも辞さない。

会社の繁栄のために家族も顧みず、やりたいことも犠牲にして働いた
猛烈時代のサラリーマンのよう。
ただ、そうした世代があったからこそ、今の私達がいるんだけど。

でも、そういう忠誠心が中心の時代は終わりを告げた気がする。
プロ野球にFAが導入されたように。

だってそれって、満員電車に乗っているようなものだもの。
足をあげたら、置くところがない。周りに身を委ねて到着駅を待つ。
自分の足で立っていないわけ。

自分で考えることをやめて、常識や世間の目を判断基準として持ち込もうとする。
自立しているはずの人間が、うーん。自分の足で立っていないことになる。

やることあるのにな。もうやめよう。
でも常識は持たないとね。アンテナもなるべく高く張っていかなきゃ。

[ つれづれなるままに ]

2009.03.16

DSCN0548.JPG

八ヶ岳に登ってきました。
もちろん雪があります。

つまり、人生初の雪山登山だったわけですね。
冬山、雪山、それは行ってみたかったですけど、
「行ってみたかった」だけにすればよかったかなと、
弱音がでるくらい、ばてました。

天気はよかったんです。
絶好の雪山日和になったのですが、スノーシューを履いて雪の坂を上るのは大変でした。

DSCN0552.JPG

でも、喜びはあるのです!
山頂の気温はマイナス14度!
でも、着込んでいたので大丈夫!!

北アルプス、浅間山、南アルプス、穂高連峰、乗鞍岳に八ヶ岳、甲武信岳も見えて、
それは壮観な眺めでした。

DSCN0554.JPG

そして、カップラーメンのおいしかったこと!
いい訓練になりました。もっと山に行きたいよ!
でもね。

DSCN0561.JPG

日焼け止めを塗ったのに、帰ってきたらこの有様。

[ ザ・駅前テレビ ]

2009.03.15

DSCN0563_1.JPG

貯まりに貯まったVHSテープ。
収納に困るのと、テープの劣化を恐れて、
最近、少しずつDVDに変換しています。
かなりの省スペース化になるのですが、
量が量ですので進んでいる気がしません。

まだ3分の1もいっていないの。
まだタンスにあるの。いっぱい。

きょうは、粘るかなあ。

[ つれづれなるままに ]

2009.03.07

侍JAPAN!

3回表で、気がついたら試合時間が1時間半。
手に汗握りますね。

最後まで、気が抜けない。

[ つれづれなるままに ]

2009.03.07

DSCN0547.jpg

絶対に負けられない戦い。
絶対に負けたくない戦い。

韓国戦。

第1回WBCのレプリカユニフォームを着て、参戦している!
サムライJAPAN!魅せてくれ!!

[ つれづれなるままに ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索