HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2008年8月 | アナログ 藤井学メイン | 2008年10月 »

2008.09.29


7生無事終わりました!
皆様、応援してくださって、本当にありがとうございました。

aoikesan00.jpg
(乗鞍岳出発前夜の青池さんの様子)

[ terminal ]

2008.09.25

7生のメイン中継場所は、上田市立浦里小学校。
青木村の近くにある、築80年近くの木造校舎です。

廊下が光っているのには驚きました。
小学生が毎日磨いているんですって。

今回は、普段小学生は上がらない2階のお掃除。
中継機材を置いたり、番組進行にも使う部屋ですが、
お子さんが浦里小学校を卒業したというお母様方と掃除しました。

soji.jpg

その頃は一クラス45人で1学年2クラス、単純計算で540人もいたそうですが、
今は120人ほどの学校。
少子化・・はい、感じます。

久々の小学校の掃除。熱が入りました。

[ つれづれなるままに ]

2008.09.23

今週土曜に迫った7時間生テレビ。

ライチョウを追ったディレクターがいます。カメラマンがいます。音声マンがいます。
そして、ディレクターの一人が編集しています。

どうしたら伝わるのか。限られた時間の中で、伝えたいことをつめて、見て頂きたいものを整理して、
不眠不休で戦っています。
raicho00.jpg

カメラマンが動きました。
普通、編集は座ってするものですが、立ったまま編集しています。
「うーん」、「うーん」を繰り返しながら。
raicho01.jpg

4日が経ちました。
無精ひげが増えました。外付けのハードディスクも増えました。
減ったのは、、体重!?

raicho02.jpg

追い込みも追い込み。最終コーナーを回って、最後の直線に入ったところです。
使命感と意地の戦いでしょうか。力作にご期待下さい!

[ Coverage postscript ]

2008.09.20

カタツムリは1秒で1cm進むそうです。
トンボは1秒で8m、イルカは13m、ハトは24m進むそうです。
ちなみに、チーターは28m。

本気を出したらってことでしょうね。

きょうは、各地で運動会が行われました。
小学生の低学年、、、50mを10秒として、、、1秒で5m!

そう考えると、ハトって速いなぁ。

[ terminal ]

2008.09.19

高倉健さんの言葉。

「大人になりたいと思ったことはない。
 いつも男になろうと思っていた。」

くぅー、格好いい。

[ terminal ]

2008.09.18


日本は気象災害が多いのだそうです。
その原因のトップは、台風です。

日本の台風の上陸は平均すると年3個ですが、
2004年のように、10個も上陸する年もあります。

台風13号の進路、被害が気になります。
くれぐれも、最新の台風情報を活用して、
できる限りの早めの対策を心がけましょうね!

気象庁では、毎年1月1日以降、最も早く発生した台風を1号とし、
その後は発生順に番号を付けています。
でも、実はアメリカがハリケーンに人の名前をつけているように、
台風にも名前があることを知りました。

2000年から台風防災に関する各国の政府間組織である
「台風委員会」加盟14の国と地域によって、
それぞれ10個、合計140の名前が付けられています。

防災意識を高めることを目的に
アジアの人々になじみ深い名前がついています。

日本の場合は、台風の影響が非常に大きい船乗りになじみのある、
「星座の名前」を採用しています。141番目は、また1番目に戻ります。

ちなみに、今回の台風13号は、ミクロネシアが名づけた、シンラコウ(伝説上の神)という名前が付いています。

[ terminal ]

2008.09.17

高校生にはテストがあるんですね。そして、修学旅行がある。

時間を縫うように準備をしてラッピングバスペイントに挑むのが、
上田染谷丘高校美術班です。

ueda.jpg

過去3年、各学校を見てきましたが、一番遅れているといってもいいかもしれません。
昨日の時点で原案ができていなかったのですから。
今日行って、少し安心しました。

アイデアが出てきて、ようやく輪郭ができつつある。
でも、あす色を決めないと、定期テストが迫ってくる。

時間との戦いの中でも、時間に追われるとアイディアも出てこなくなる。
個性豊かなメンバーが多く、かつ3年生が班活動から離れているため、
1・2年生はてんてこ舞い。
でも、みんな頑張っています。班も通うごとにまとまっていくような気がします。

本番まで1週間。実質は、、数日。がんばれ!染谷!

[ Coverage postscript ]

2008.09.16

「CO2をいかに減らせるか。」
CO2マイナス6%を目標に、ある家に引っ越しました。

これはその時の話。
テレビは、自転車をこがないと見られない生活をし、
ご飯を食べるには太陽のエネルギーがないとダメでした。

ecoseikatsu.jpg

驚いたのは、「打ち水」!
水をまいたところの表面温度は10度も違うのです。
胸の高さ辺りで、2度変わりました。

すだれを立てかけて、日陰を作りました。
日向と日陰で、10度も違いました。

いっぱい汗をかいたけど、その分、なんだか健康になった気になりました。
ちょっと、「飛ばした」生活でしたけど。

7生で公開されます!お楽しみに。

[ Coverage postscript ]

2008.09.15

飯田に行ったことがあって、
真っ先に思ったのは、ソーラーパネルが多いなぁということでした。
個人の家に、太陽光発電のためのパネルが置かれているんですね。

飯田市の俯瞰を撮影しようと高台に上った時に思いました。
聞くところでは、投資家を集めてそのお金で、
公民館や保育園の屋根にソーラーパネルを置いて発電したりしている団体も
あります。

iida.jpg

エコ、CO2削減という時代に突入しています。
でも、電気のない生活は21世紀、いやそれ以降も考えられないですね。

だから、最先端技術と打ち水やすだれなどの昔ながらの知恵とが合わさって、
限られた資源を使って生きていく時代が来るのかなと思っています。

太陽をはじめとする自然エネルギーと化石燃料、またそれに代わるものが出てくるのか。

地球の未来、真剣に考える時期に、間違いなく来ていますよね。

[ terminal ]

2008.09.13

「7時間まるごと自然派スペシャル!
みつめて!信州生テレビ」が27日に迫ってきました。

毎年恒例、高校生がバスに絵を描く企画、ラッピングバスペイントを実施します!
今年は上田染谷丘高校と、中野立志館高校の美術班、美術部が挑戦してくれます。

きのう、中野立志館高校の準備の様子を見てきました。
バスの大きさに模造紙をつなぎ合わせていくのは男子チーム。
「バスって、こんなに大きかったっけ!!」と、
前日に見たばかりのバスの大きさを教室の中で感じて、驚いていました。
男子10人、女子10人の美術部は活気に溢れています。

uedasomeya.jpg

女子は図書館に行って本を借りたり、インターネットで調べたりと情報収集の担当。
そして、絵を描いていきます。これが立派な絵でして。

shitagaki.jpg

まだ下書きです。
どんな作品が仕上がるか、楽しみです。
みんな、テストや修学旅行の合間を見て、準備に奮闘中です。

[ Coverage postscript ]

2008.09.11

世の中、原油高。
この間、バス会社の方と話をしたんですね。

私たち個人消費者も大変ですけど、
バス会社は存続の危機そのものだということを聞きました。

それもそのはず、そのバス会社の年間のバスの燃料は300万リットルなんですって。

40円の値上がりとして計算すれば、それがどれだけ大きい額かわかりますよね。

人件費云々の問題では解決できない金額の大きさです。
その方の話では、高速道路の利用者も減ったらしいですよ。

公共交通機関ですよ。
バスが生活路線である人もいるんですよ。
何とかならないものでしょうか。

[ terminal ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索