HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2008年4月 | アナログ 藤井学メイン | 2008年6月 »

2008.05.30

きょう、4時に起きました。
「もうちょっと寝ないと」と思うのですが、どんどん目覚めていくのです。

そして諦めました。
「起きる!」と言って、朝ごはんを作っていたら、新聞が届き、
「こんなに早く届けてくれるんだ」と思いました。
しかも、ダッシュで家に来て、ダッシュで去っていくことも知りました。

テレビをつけてもabnは放送していなくて、新聞を読んでいたら、
カラーバーが出てきて、社歌(「あ~、あ~、えっびーえぬ」という歌を
一度は聴いたことがないでしょうか)が歌なしで流れ出し、
朝食は作ったけど、米がなかったので、早朝から冷やし中華で、当然食欲なく。
「米は常備しないとな」と実感した次第です。

ずばり行動日記になってしまいましたが、そういう朝を過ごしました。

ただ、皆さん知っていました?
朝の4時はもう明るいんですよ!

yoji.jpg

[ つれづれなるままに ]

2008.05.27

朝、弱いんですよ。
でも、ちょっと早起きするととても一日が充実するんですよね。

温かい朝食に、洗濯に、食器洗い、新聞読みからテレビでのニュースチェックまで、一気にできる。

だから、本当は朝起きるのはとても苦手なんですけど、今は朝5時起きを実行しています。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がありまして、
先にノンレム睡眠が来るのです。
次第に3段階ほどの過程で眠りが深くなって、レム睡眠に入るのだそうです。
この眠りが深い時に体が休憩を取るんですね。
つまり、ノンレム睡眠初期は疲れが取れない。

そして、ここからが大事。私は良く二度寝をするんです。
布団から出られない。
「もう少しだけ。」と何回も目覚まし時計を止めて寝るのですが、
これは疲れを取るのに全く意味がないのだそうです。
睡眠時間を多少増やしても駄目なんですって。

なぜなら、眠りから覚めてもう一度寝ても、再びノンレム睡眠の初期から始まってしまうからです。
つまり眠りが深くない。疲れを取る睡眠ができないと。

だから、今は目覚まし時計がなったら1回で起きるようにしています。
自然光を入れて、大変だけど懸命に起きる。即シャワーの時もあります。

でも、もう一度寝ても意味ないことを知り、早起きすると効率がいいことを知ったら、

起きるしかないでしょう。

その方が人生、豊かになるような気がしません?

[ terminal ]

2008.05.26

夏の高校野球のシード校が決まった。
今年は北京オリンピックの関係で、
開幕が7月5日と例年より早くなる。

阿久悠さんが6年前に残した言葉がある。
以下。


甲子園にない言葉が二つ
「絶対大丈夫」と「もう不可能だ」で
それが真実であると知っただけでも
この一戦が如何に面白く
如何に激しく
如何に怖いかがわかるだろう
大丈夫もなければ不可能もない
あるのは
「最後までやる」である


北京オリンピックの日本代表が少しずつ決まってきた。
そこに戦いがある。

そして8月8日に開幕する。
そこにも当然、戦いがある。

インターハイ、インターカレッジ、全国中学、その予選、
様々な大会が始まるが、どのレベル、どのスポーツでも、
勝負の世界はそういうものではないかと、何年経っても共感する。

「最後までやる」。
それができる、見られる、応援できる喜びがそこにある。

[ sports ]

2008.05.25

綺麗に整地された田んぼ。
土地改良により、トラクターなどの機械が入りやすくするために、
四角形に整えられている。

それまでは、曲がった田んぼだった。曲がったあぜだった。
そのあぜを直した。
ということは、そこに住んでいた生き物は住む場所を失った。

生きるために稲作をした。
そして、生産量を上げるために区画整備をした。

そのために、綺麗な田んぼが並んだ。
あぜの住人は戻ってきた。
少しずつ。

オオタカが空を舞う場所は、その餌となる虫がいるところ。
生態系が健全なところにいるのだそうだ。

その昔は、多くの日本の田んぼ上空をオオタカが飛び回っていたそう。
しかし、1993年に国内希少野生動植物種になってしまった。

地球のこと、もっと考えたい。

[ terminal ]

2008.05.24

恵みの雨です。大地を潤す宝の雨。しかぁし!あすはネマガリダケを求めて山に入る予定なのです!早朝から。このままだと来週のザ・駅前テレビに影響が・・
天気はコントロールできないの。知ってる。

[ terminal ]

2008.05.22

トラクターをお借りして、田植え前の大事な作業をしたのですが、ぐちゃぐちゃになってしまったので、直していただいているところです。トラクターの代掻き。やはりプロはすごかった!

[ terminal ]

2008.05.21

ザ・駅前テレビのファームは二年目。苗を植えました。気が付いたら、夕焼けこ焼けが鳴り響いていました。少年時代にタイムスリップ。いつもそんな気分になります。

[ terminal ]

2008.05.20

[ terminal ]

2008.05.16

細々とひまわりを育てています。
ひまわり君はベランダにいるのですが、遂に芽が出ました。

himawari.jpg

かわいいですねぇ。
これ、2週間前の画像なのです。
ですから、どんどん大きくなっている。
少しずつ、少しずつね。

五月も半ば。もうすぐ、田植え。

[ seasonal changes of climate ]

2008.05.09

再三、キャベツについて書いているので、一度きちんと記しておきたいと思います。
私も先輩に聞いたものを実践しているだけなので、
学説では?とか、本格的なことはわかりません。
当然個人差もあると思いますが自分には合っているので、
「こんな方法もあるよ」ということで書きますね。

※文章の前に全て、「私は」がつきますのでご了承ください。

キャベツダイエットのいいところは、食前に良く噛んでキャベツを食べるので、
脳の満腹中枢を刺激できる。だから空腹感なく痩せられる!というところです。

【方法】
キャベツ1個を1/6に切り、それを約5cm角ほどの大きさにして、
何もつけないか、ノンオイルドレッシングをかけて
食前に10分間噛んで食べるのです。

ポイントは「時間をかけてよく噛む」こと。
そうすれば脳の満腹中枢が1時間は刺激されます。
食事量が少なくても「腹いっぱいになった」と感じられる。
しかも食べすぎまで防ぐことができるというわけです。

生で食べましょう。
火を通すとやわらかくなり、
10分間噛むことができなくなってしまいます!!
また、加熱するとビタミンCも壊れてしまいます。

kyabetsu.jpg

ダイエットといえばカロリー制限が基本でした。
男性1500kcal、女性1200kcalでやせるといわれています。
でも、実際にこれだけでやせられる人は、
ほとんどいないのではないでしょうか。

なぜなら、腹が減るからです。
白飯が食べたくなる。おかずだけでも食べたい!
えぇい、ままよと、ビールが飲みたくなって、カロリーオーバー。
これ、自分の経験です。

カロリー制限しても毎日の食事が物足らなくなってしまう。
そしてそれがストレスになる。長続きしない。

というわけで、今は効果が出ているので続けています。

これを読んで、やってみたけど駄目だったという方がいたら、ごめんなさい。

[ health care ]

2008.05.08

本日の弁当でございます。
飯縄山登山のために作ったハンバーグを冷凍保存して解凍したものと、
飯縄山登山のために作ったブロッコリーを冷凍保存して解凍したものと、
飯縄山登山に持っていったプチトマトの残りです。

bentou.jpg

つまり、残り物。楽です。
唯一、登山に持って行かなかったのがこれです。

kyabetsu.jpg

キャベツでございます。
キャベツダイエットをして5キロ痩せて、ほっとしてまたビールを飲んでいたら
太ってきたので、再びキャベツダイエットをしています。

システムとしては、キャベツを六分の一玉食べて、満腹中枢を刺激して、
少量のご飯やおかずを食べるというものです。

これが自分には具合がよくて、体重が減っています。
お陰で弁当を作ることが、意外と楽しいのだと思えるようになりました。

[ health care ]

2008.05.02

飲食店を経営している同級生がいるんです。関東に何店舗か持っている。
で、経営会議である言葉が出てきたと。

「我が物と思えば軽し傘の雪」。

傘に降り積もった雪は重いけど、自分のものだと思えば軽く思うし、
他人の雪を持たされていると思えば重く感じる。

冷房の1度の温度設定。水道の1滴。
1分1秒の人件費。ご飯1粒。つまり材料費。
全てが自分のものであると思えば、徹底的に細かく見るよなあ。

だって。

アルバイトは店長から 「水道の1滴を無駄にするな」と言われても、
他人のものだと思うからピンと来ないんだろうなあ。

だって。

abnが始めた環境キャンペーンだって、同じことですよね。
だって、私が小学生だった頃から環境問題は持ち上がっていたもの。
あれから20年。問題は解決した?深刻化しているだけ?
リサイクルとか分別とかは定着してきた気がするけど、でも20年もかかるの?

人任せと言われれば、それまで。でも、でもっていう思い。

日本を支えてきた先輩方の年金から、医療費をとる。
少子高齢化になるって、20年前からわかっていたじゃない。
「年金からお金が引かれているのはわかるけど、文字が小さくてわからない」って、
新聞の投書にあった。

他人事じゃないよ。父はもうすぐ齢70。時代はもう受け継がれたのに。
なぜか、社会が遠い気がする。
同じ社会の中にいるのに。

もちろん、目の前に生活がある。

でもさ、でもさ、目の前のことを自分のことだと思って過ごしたいよ。

[ つれづれなるままに ]

2008.05.01

気合です。
100%、これで治ります。
「オレは絶対に風邪を引かない!」と、思うこと。

あとは、なるべく睡眠時間をとること、
しゃべらないこと、うがいを徹底すること。
私の場合は、のどを直接消毒する市販の薬も効きます。
(医薬部外品もあります)

そして、あとは気合。

大体、これで治ります。
声が出なくなったら仕事にならないので、
初期の段階を甘く見ないようにしています。

ご参考まで。

[ つれづれなるままに ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索