HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2007年12月 | アナログ 藤井学メイン | 2008年2月 »

2008.01.31

月曜日 63.1キロ。
火曜日 61.8キロ。
水曜日 62.3キロ。
木曜日 62.0キロ。

1月11日ダイエットスタート。

2キロ戻しの時もありましたが、現在3キロ減です。

[ health care ]

2008.01.25

寒いですね。
家から会社までの道は、氷の道になっていました。
氷道は猫の指のように足の指を丸めて、歩幅を小さくして歩くという技を覚えてから、
もう転んだことはありません。1年目にスーツを台無しにしてから、もう何も失っていません。

さて、父の実家は雪国・新潟のそれは寒いところにあるのですが、
父と母が新婚のころか、結婚前かに訪れたときに、祖母が売っていた野菜を、
リアカーを引いて、母と祖母が売りに行ったという話を聞いたことがあります。
それはそれは、若かったことでしょうが、生まれていませんから、わかりません。
母、27歳ぐらいでしょうか。

氷道も通ったのかなぁ。道が凍る前だったのかなぁ。どんな会話をしたんだろう。
ばぁちゃん、天国で元気にしてるんだろな。
そんなことを思いながら、会社に向かう29の私でした。

そこで一句、
天国に思いを馳せる氷道。

べんべん。

[ seasonal changes of climate ]

2008.01.24

実況などで、各アナウンサーがどういうことをしゃべっているのか、字に起こして糧にするということをします。「真似をする」ということも含め、どういう軸で、どういう言い回しでしゃべっているのかを考えるためです。

私たちにとって、放送されているものは全て教材なのです。
(ベテランになると、真似をしないため・表現が被らないために見るということもあるそうですが。。)

今までは、ビデオを再生して、巻き戻してを繰り返して、少しずつ字にしていました。
その後、記者がよく使っているデジタル録音機を買い、字にするスピードを上げました。

そして今は!
パソコンから取り込んで音楽を聴く。あの機械に音声を入れて再生しています。
アナログ人間の私にとっては、「そんなことができるんだ!」という驚きとともに、喜びでもありました。

これにより、かなりスピードが増しています。
語彙能力など、私の技術上達もスピードが増せばいいのですが。。。

[ つれづれなるままに ]

2008.01.23

先週のザ・駅前テレビは雪国ならではの暮らしを取材しようと、例年雪深い飯山に行きました。
今年こそ、雪の少ない飯山ですが、おととしは自衛隊が出動するまでの豪雪が降りました。

取材をしていて、心に残っている言葉は、
「みんな自分の家を守るので必死で、公共施設まで手が回らなかった。
 隣の体育館は雪の重さで倒壊した」

「北海道から嫁に来たんだけど、あっちはそこまで雪が積もらないから、初めて屋根に登った時は怖かった」

「おととしの雪下ろしで、夫が屋根から落ちて命をなくした」

言葉を失いました。雪とともに生きる、その怖さは映像でしか知りませんでした。


人には知恵があります。叡智がある。繋いできた生きるための工夫が至るところにあります。
入り口を高くして、その下に冬に食べる野菜を貯蔵する。屋根は鋭角、特に道路部分の方が鋭い。
信号機は縦。電線も雪が積もると回転するようになっている。

「今、地元の若い者で、ここを活性化させようとチームを作っているんです」
そう話す宿の息子さんの姿が頼もしく映りました。

[ Coverage postscript ]

2008.01.22

matsubarako.jpg
↑今日は松原湖で、ワカサギ釣りのロケでした。

昨日、2.5キロ減だった体重は、今日2キロ戻しになっていました。
原因は、食べるロケと泊まるロケがあったからです。

食事制限と生活改善をして、胃袋を小さくしている段階の私にとっては、
食べ放題のお店は、おいしくて嬉しくて、わくわくするのですが、
以前の私ほど食べることはできなくなっていて、途中で「無理して食べているな」という時がきます。
泊まりのロケは、朝5時起きで、マイナス18度の世界でロケをしたので大変だったのですが、
スタッフみんなで泊まるのは楽しく、食も進み、量を減らしている酒も嗜んでしまいます。色々と。

そして結果が、、、2キロ戻しのトータル0.5キロ減。
不平不満はないのですが、数字はウソをついてくれないのです。

[ health care ]

2008.01.21

ダイエットしています。
生活改善と食事改善。
10日間で2.5キロ減りました。
体重が減ってから、見た目の変化までは時間がかかると
いいますが、どうでしょうか。

リバウンドのないように、ゆっくり改善していきますね。

[ health care ]

2008.01.18

全国から強豪校が集まる、春の高校伊那駅伝。
今年は3月23日に開催されます。

去年の暮れには全国大会があり、あさってには都道府県対抗駅伝男子があります。
長野県チームの活躍に期待がかかります。

1月に入って、駅伝実況の準備を少しずつですが、本格的に始めています。
でも、全国大会の結果を見るたびに、悔しくて、悔しくて、、、
相手がいることだから。選手は全力を尽くしただろうから、、、
そう思っても、佐久長聖高校の準優勝。しかも、史上初の優勝校との同タイムでの準優勝は、写真を見るだけで、数字を見るだけで、、なんとも悔しい思いになるのです。

で、資料作りをやめます。

たった2m。それが遠い2mでした。
選手と合宿をともにしたことがあっただけに。
去年の伊那駅伝で取材した選手たちだっただけに。
レギュラーになれなかった3年生が、またいい子たちで。。。
勝負の世界に「たられば」はないけど、、引きずっているのは、私だったりする。
仕事として携わっていない試合だからか、余計に感情が露出してしまう。

レギュラーは1・2年生が主体です。
あさっての都道府県対抗駅伝で、みんなの表情を見て気合を入れたいと思います。

[ sports ]

2008.01.17

いろんな標語、ありますね。

「人生の 長さを決める 車間距離」
「キミとボク  『ベルトしめた?』が 愛言葉」

土地によって言葉が変わります。

大阪では、
「ちかん、あかん」

山形では
「うるさいズ あんたの携帯 しゃべりすぎ」

秋田にあった看板は、、

「この先、変なカーブあり」


、、、変なカーブって・・・

[ つれづれなるままに ]

2008.01.15

今、飯山市にいます。
雪降ろし仮面を探しています。なかなかいません。本当に雪降ろし仮面はいるのでしょうか。市役所の方は小耳にはさんだそうです。情報があったら教えてください。
(「ザ・駅前テレビ」今週末OA分、ロケ現場にて)

[ terminal ]

2008.01.10

美空ひばりさんの歌です。

「悲しい酒」
石本美由起作詞・古賀政男作曲/昭和41年

ひとり酒場で 飲む酒は
別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい 面影が
飲めばグラスに また浮かぶ


酒よこころが あるならば
胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を
飲んで泣くのも 恋のため

一人ぽっちが 好きだよと
言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を
泣いて怨んで 夜が更ける

[ つれづれなるままに ]

2008.01.09

最近、「俺、4キロ痩せた!」とか、「スキーがいい」だとか、「休肝日作るのが一番だよ」という
会話が制作部を取り巻いています。
朝から、みみたこです。

ちょっと写りは悪いですが、これが入社直後の顔。
2002fujii.jpg

で、これがさっき撮った顔。
2008fujii.jpg

あぁ、絶対痩せてやる。と思っていたところ、健康相談が会社であったので、受けてみました。

「健康になりたいんですけど・・」
「あぁ、あなたの場合は、、、結婚だね。」

「なんで?」と聞いてみると、
「だって、まっすぐ帰らないでしょ。
遅い夕飯食べて、お酒飲んで、朝起きてもお腹が空かないから朝ごはん抜いて。
昼にまとめて食べて、夜は『きょうは頑張った』なんて言って、また食べて飲む。
負のスパイラルよ。」

「はぁ。」
「だから、早く家に帰りたくなるようなお嫁さんもらいなさい。」だって。
そうしたら痩せるって言っていた。

[ つれづれなるままに ]

2008.01.08

「明治神宮でお神酒を飲む!」
毎年恒例となってしまった先輩との行事も7回目ぐらいになりました。
もともとは、「希望の職種に就けますように!」という就職祈願だったのですが・・・

お神酒を売ってくれた方との写真撮影も恒例化しています。

2008omiki.jpg

[ seasonal changes of climate ]

2008.01.08

きょう、書籍を買い領収書をもらおうとしました。
「宛名はどうしましょうか」と聞かれたので、
「abnでお願いします」と答えたら、
「『おぉ!abn』ですね」と、
「あぁ、『おぉ!』はいらないです!!」とたじたじな私。

うれしい限りでございました。
以前は「長野朝日送放」と書かれたこともあったのに。

[ つれづれなるままに ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索