HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2007年7月 | アナログ 藤井学メイン | 2007年9月 »

2007.08.28

目指したのは、北アルプス・奥穂高岳。3190m。
信州で一番高い山。全国3番目の高さを誇る。

okuho.jpg

三四六さんと平澤さんとチャレンジした山は、あまりにも過酷だった。

yamanikumo.jpg

山頂が見えない。山頂は雲の上。つまり、雲を突き抜けていかなければならない。
どんな山か、ルートもよくわからないまま、我々は雲の中に入っていった。

<9月1日(土)9:30~ ザ・駅前テレビで放送予定>

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.08.27

森  八木重吉

森はひとつのしずけさをもつ
いちどそのしずけさにうたれたものは
よく森のちかくをさまようている 

よくわからなかった。どういう意味なのか。
ガイドの太郎さんに聞いた。
「それは、わかる気がしますね。」という返事だった。

「僕は雪が降った森の中を歩いたりするんですね。そうすると、何にも聞こえない時があるんですよ。風の音さえも。何にも聞こえないの。でも、森って生きているでしょ。命に包まれているっていうのかなぁ。何だか温かいんだよね。」

駅前テレビの取材で、上高地の森に入った。
樹木は黙って、そこに立っている。
ただ、それだけなのに。不思議な力を持っている。
人間を引き寄せるものがある。なぜか。きっと答えはない。
でも、森に入る人間が多いのは紛れも無い事実。
森の存在は尊く厳かで、魅力に満ち溢れている。

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.08.16

信州は昔、海だった。
「えっ!」と思う人も多いと思う。
3000m級の山々が立ち並ぶ、全国でも第一級の山国だからだ。

小学校の時に習った「大きな溝」という意味の「フォッサマグナ」。
実はこれ、地殻変動で生じた、日本列島を東西に隔てる大きな溝だ。
地震の時などによく耳にする、糸魚川-静岡構造線を西の端として、このフォッサマグナ、
現在の信州を含む一帯が深い海だと考えられているのだ。
実際に、信州新町ではオカガメというカメの化石が発見されており、
戸隠ではホタテの化石が出ている、、、そして、400万年前のホホジロザメの化石も。

「海無し県・信州」。
その昔は、多種多様な生物が生息する豊かな海だったらしい。

[ つれづれなるままに ]

2007.08.12

koushien.jpg

内野席は満員。晴れの舞台、阪神甲子園球場にて。
第89回全国高等学校野球選手権大会の開会式です。

kaikaishiki.jpg

色とりどりのユニフォームが、ダイヤモンドを行進していきます。
「○○県代表、○○高等学校!」
というアナウンスがされる度、拍手が起こります。
いよいよ、松商学園の登場!
解説の高橋さんと一緒に、周りに迷惑になるくらいの拍手を送りました。

試合には負けてしまったけど、いいチームだったなぁ。

[ sports ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索