HOMEアナウンサー › アナログ 藤井学

« 2007年3月 | アナログ 藤井学メイン | 2007年5月 »

2007.04.27

先週、偶然にも大親友が長野に集まりました。
一人は過去、ブログでもご紹介した、完全試合を成し遂げた後輩の前に、神宮球場のグラウンドに立てなかった中学からの同級生の山岸武君。写真左端。僕が生徒会長で、山岸が副会長で、ほんとにいいコンビで、空き缶リサイクルシステムの確立や、女子校との交流を実施しました。その他にも、大学の学食を利用させてもらえるようにしたり、卒業式にオリジナルソングを作ってみんなで歌ったり。青春時代を謳歌し続けた一番の仲間です。アナウンサーになるために全国を回って、あと一歩のところで落ちていた時に、相談したのも彼にでした。その時、「「俺達は日本一になる」と言って練習してきた。「アナウンサーになりたい」じゃ、駄目だよ。「アナウンサーになる」じゃないと!!」とアドバイスをくれました。それから、内定を頂くことになったのです。今は、橋をかける会社に勤めていて、千曲川に架かる村山橋(全国的にも非常に珍しい「鉄道・道路供用橋」)の架け替え工事の仕事で、長野に来たのです。

nakama.jpg

そして、もう一人は写真右端の石田拓郎君。彼は大学時代、ともに体育会を盛り上げてきた同士です。PL学園の出身で、大学卒業後、プロを目指して日本生命という名門野球部に入りました。「俺、絶対にプロに行くから、がくちゃん(私のことです。)絶対、俺の試合、実況してや!!」と、お互いを鼓舞しあっていました。そんな夢を語り合った2人も、28歳になりました。彼にとっては、プロ入りは難しい年齢になってきましたが、今では名門チームのキャプテンを務めています。今回は、社会人野球の試合で、長野に来たのです。

楽しい夜でした。また、夢を語り合いました。そして別れました。
一人は東京に、一人は大阪に、そして私は信州に。

二人が「がくちゃんのブログに載せて!!」というので、書きました。
ホントにいい奴らなんですよ。仲間って最高ですね。一生ものです。

[ つれづれなるままに ]

2007.04.26

「ザ・駅前テレビ」がリニューアルオープン!それに伴って、HPもリニューアル!
取材先でも、携帯電話からブログをアップできるモブログが始まりました。
で、これによって、こちらの更新が滞ると言う事態になっています。
平澤先輩がモブログに情報をアップしてくれません。
どなたか催促してください!画像は沢山撮影しているはずですから。

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.20

黒部ダムから、ロープウェイとケーブルカーを乗り継いでいくと、視界が開けました。
室堂というところに到着したのですが、ここが、有名な「雪の大谷」。
吹雪でした・・・。詳しくは、明日の駅前テレビを是非!ご覧下さい!!

ootani.jpg

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.19

麗子先生と松坂さんと3人で、黒部立山アルペンルートに行ってきました。目的地は、雪の大谷と呼ばれる、両側が雪の壁になっている道!しかーし、その途中にあるのは、あの中島みゆきさんが主題歌を歌っている某局の番組でも取り上げられた黒部ダムなのです。大町トンネル、現在は関電トンネルと呼ばれるトンネル工事は難工事で難航し、殉職者もでました。「大まむし」の異名を持つダム建設のドン、中村精(くわし)さんが指揮を取り、黒部の大変な冬を越していく工事の様子に、ドキドキさせられました。
その現場にいる。ここか、ここを掘り進んだんだ!

torori.jpg

今は、トロリーバスで16分。あっという間に通過できるトンネルですが、昭和30年代後半に、大変なプロジェクトがあったのです。

そして、視界が開けました。関西方面に電力を送る黒部ダム。氷の張った水面と雪化粧した周囲の山、黒部の春の姿が現れました。

kurobe.jpg

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.18

abn近くの公園で、慣行のお花見を敢行。駅前テレビ85分拡大スペシャル放送終了後、そして次週の放送ロケ終了後のことでした。カメラマンのお子さんや、営業の先輩のお子さんも集まり、ちょっと寒かったけど盛り上がりました。ライトを持ってきて、勝手にライトアップさせちゃって。

思えば、お花見だったけど、、、桜を愛でた、、かな?
hanami.jpg

[ seasonal changes of climate ]

2007.04.14

駅前テレビで土いじりが始まります。詳細は後日、番組で。拡大スペシャル直後、小川村の畑に行ってきました。楽しくなりそうですよ!!

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.12

テレビが見られる携帯電話とは便利なものですね。車で移動する時に感じました。運転しているとロケ車のテレビは見られなくなってしまうのですが、後部座席から野球場の球音が・・音声マンがワンセグでプロ野球を観戦していました。

電話としてはほとんど使っていなそうなピカピカの携帯電話。テレビ付きの携帯電話か、電話付きの小型テレビか、どっちがどっちだか、本来の機能がわからなくなりそうです。

[ つれづれなるままに ]

2007.04.11

横川の釜飯。有名ですね。おいしいですね。おなかいっぱいになりますね。
先日のレコーディングで上信越自動車道、横川SAに立ち寄りました。そして見つけてしまいました!本場ならではの案内板!

akigama.jpg

看板でかっ!!

[ つれづれなるままに ]

2007.04.10

遂に歌手デビューの時が来ました。新オープニングソングのレコーディングのために東京へ。三四六さん、松坂さん、藤井、平沢さんの順番に録音していったのですが・・・。これが手ごわかった。何が違うのかが、自分で判断できないんです。「違う」、「違う」の連発で平沢さんと選手交代。平沢さんの歌をとって再びブースに入りました。これがまた難しくて・・

どんな曲になるかは今後の駅前テレビにご注目クダサイマセ。

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.06

県議会議員選挙があさってに迫っています。幼少の頃は、選挙カーに手を振ると、マイクを握っている人が、「有難うございます!」と言ってくれ、楽しくて楽しくて、色々な選挙カーに手を振っていました。両親の影響でしょうか、選挙は国政選挙、統一地方選問わず、子どもながらに関心を持っていた気がします。両親と一緒に投票所に行くのが喜びで、開票速報番組を見るのも好きでした。争点がわかりやすかったのでしょうか。理由はよくわかりません。ただ、最近思います。選挙権の無い子供たちや少年少女が関心を持つ選挙になることって、とても大切なことではないかと。それは大人がどう選挙というものを捉えているかということに結びつくのかもしれません。

[ つれづれなるままに ]

2007.04.05

おいしいものの、そのままのおいしさが伝わるように。きれいなものが、そのままのきれいさで伝わるように。音と映像のみの世界で生きる私達が日々考えることです。3日前に駅前テレビのロケで、草津に行ってきました。「私達を通して草津を伝える。」真面目に書けば、そのためのロケです。だから、スタッフも真剣そのもの。撮影現場はこういう風景です。

kusatsu%20satsuei.jpg

ですから、草津のよさを伝えるために私達はその空間を思い切り楽しむのです。だって、楽しまないと、見ていて面白くないですものね。然れば、ロケはいつも和気藹々と進んでいくのです。

kusatsu.jpg

[ ザ・駅前テレビ ]

2007.04.03

ずっと隠していたことがあります。ひたすら、必死に、頑なに隠していたこと。それは、「ヘビが嫌いだ」ということです。そういうことをいうと、「ヘビとの遭遇」みたいな演出があるかもしれない。ヘビを相手に仕事をしないといけない時が来てしまうと思って、ずっと、黙っていました。

でも、来る時はあっけなかった。

「この中にいるのヘビだから、首に巻いてもらおう」

はい、それまーでぇよっ。ってなわけで、ヘビとご対面!アンド、スキンシップ開始!!
サラサラな人の髪を撫でてているようでした。意外と気持ちよかったです。
食わず嫌いならぬ、触らず嫌いというものがあるようです。

hebi.jpg

[ ]

2007.04.01

数年ぶりの選手登録です。体を引き締めないとっ!!

toroku.jpg

[ sports ]

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

カテゴリ

月別に見る

記事の検索