放送内容

千曲川から信濃川へ~恵みの大河367kmの旅~

千曲川から信濃川へ~恵みの大河367kmの旅~(12月30日金曜 午後2時 放送)

2016年12月30日金曜 午後2時~2時55分

リポーター:
吉田一平アナウンサー(abn長野朝日放送)
大西遥香アナウンサー(UX新潟テレビ21)

長野・山梨・埼玉の県境にある甲武信ヶ岳に端を発し、367キロの長い旅を経て日本海へと注ぐ、日本一の大河、千曲川・信濃川。全長367キロ、流域面積1万1900平方キロメートル。長野県では千曲川、新潟県に入ると信濃川と呼ばれる大河です。流域の人口はおよそ290万人。太古の昔から、流域の人々は、川の恵みを受け、川を守り、川と共に営みを続けてきました。この大きな川が人にもたらす計り知れない恩恵。川を利用し、川に親しみ、川を守り、川に学ぶ…。川と人との関わり方を探ります。番組では、千曲川の源流から日本海にそそぐ信濃川河口までを四季を通して描き、abn長野朝日放送の吉田一平アナウンサーと、UX新潟テレビ21の大西遥香アナウンサーが紹介します。

千曲川から信濃川へ~恵みの大河367kmの旅~(12月30日金曜 午後2時 放送)
千曲川から信濃川へ~恵みの大河367kmの旅~(12月30日金曜 午後2時 放送)